2010年10月30日

「レジェンド 三蔵法師の秘宝 天脈傳奇、THE TOUCH」(2002 中、香、台)



MGM売却のゴタゴタで無期限延期から制作中止、制作不能になってし
まった007。
(-ω-;)

クレイグ・ボンドが好評なだけにもったいないことこの上なし!
早くスクリーンでお会いしたいものだ。


私も007が大好きなので、今までに「ドクター・ノオ」(1962)から「慰め
の報酬」(2008)まで「ネバーセイ・ネバーアゲイン」(1983)も含めて19
作を紹介してるハズ。

番外編の「カジノロワイヤル」(1967)はともかく、残すはブロスナン
・ボンドの4作のみってことで、景気付けに007鑑賞だ!と思ったけど
ちょっと寄り道かなり寄り道ほぼ無関係。
(o ̄▽ ̄o)

「トゥモロー・ネバー・ダイ」(1997)でボンド・ガールだったミシェル姉
さんつながりなだけなだけ。


それはこの映画(^_^)b


「レジェンド 三蔵法師の秘宝 原題:天脈傳奇、英題:THE TOUCH」(2002 中、香、台)

『チンタオ、敦煌、チベット…
シルクロードを舞台に
今、秘宝をめぐるアドベンチャーが始まる!』


監督・撮影:ピーター・パウ
制作総指揮:ミシェル・ヨー
音楽:ベイジル・ポールドゥリス
出演:ミシェル・ヨー ベン・チャップリン リチャード・ロクスバ
ーグ ブランドン・チャン


「どんな話?」

中国、青島。アクロバットチームで活躍する姉弟は、三蔵法師の秘宝
を守るべく運命づけられた一族の末裔だった。ある日、姉の元恋人の
泥棒が、探し出した手掛かりを持ってきたことがきっかけで、偶然伝
説を知った弟が恋人を連れて秘宝探しの旅に出てしまう。それを知っ
た姉は慌てて2人の後を追う。しかし彼ら以外に謎の富豪も秘宝を探
し求めていた。果たして…


秘境冒険アドベンチャー映画。
敦煌、チベット、中国各地を舞台にしたアドベンチャー・ロマンだ。

アジアの誇るアクション女優ミシェルさんが主演と制作総指揮、ベテ
ラン撮影マン、パウさんの初監督作品でそこそこ気合は入っているも
のの、全体的にはやっぱりインディ・ジョーンズの亜流。
(^_^;)

コミカルさ、カンフー・アクション、美しくて雄大な景色のバランス
が悪く、広大な中国大陸なのにチマチマした印象を受けてしまう。
それでも手抜きは感じないし何とかまとめようとしている心意気は伝
わるので、興味のある人はどうぞ。
(^_^)b



元カレが泥棒で、謎のお金持ちから依頼された「敦煌の心臓」を見つけ
出したことからお話が始まり、それで伝説を知った弟がなぜか自分の
彼女を連れて勝手に出発。ミシェル姉さんが慌てて後を追うって展開
だ。

前半の、元カレ救出&お宝奪取では車上や敵のアジトで姉さんのアク
ション全開、マフラー技も見られて満足満足。

ところが後半、仕掛け付きの遺跡巡りになると全体的にショボくなっ
てしまうのが残念。クライマックスのCGにはもう少しお金をかけて欲
しかったなぁ。
(´ε`)



とにかく中国での三蔵法師の立ち位置が良く分からないし、チベット
とどんな関係があるのかも分からないけれど、、「なんで?」なんて突
っ込んでるとキリがないのでそこはそれ、所謂「大人」になって楽しめ
る所を楽しもう。

てか、こんな映画で理屈をこねる人とはあまりお近づきになりたくな
いってのが本音だなぁ。
(´-ω-`)



オススメできる○:ミシェルさんのファン、中国の景色が好きな人
オススメしない×:お金のかかった特撮を見たい人



余談

パウさんは
「ダブルチーム」(1997)、「チャイルド・プレイ/チャッキーの花嫁」
(1998)、「狼/男たちの挽歌・最終章」(1989)、「ドラキュリア」(2000)
の撮影監督にして
「グリーン・デスティニー」(2000)
では米アカデミー撮影賞受賞、って素晴らしいキャリアの持ち主。

その後も
「PROMISE プロミス」(2005)、「シューテム・アップ」(2007)、「ドラゴン
・キングダム」(2008)
と色んなジャンルをそつなくこなしている。

でもはっきり言って監督には…向いていないと思った。
posted by mdu at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

映画(かちんこ)メガ・ピラニアや、EMSや

紹介記事は細々と執筆中なので、とりあえず誰も書かないニュースでも。


今年の5月に紹介した

「Mega Piranha(原題)」(2010 米)

が、予想通り

「メガ・ピラニア」

ってまんまなタイトルで12/3リリース予定。




もう予約した人も多い(?)だろうけど、定価5,040円とは何事!?
Amazonの予約価格でも3,729円!!!何様のつもりか!?
( -.-) =з

勢いで輸入版を観てしまったけど買うとなるとま1,500円くらいなら考えないこともないけどちと高い気もするからやっぱりレンタルでイイや、って私のレベルでは及びもつかないディープなマニアがいるんだなぁ、世界は広いなぁ、と思い知った次第。

昔、ティファニーさんのファンだった人は絶対に観ちゃダメだよ。



で、何の気なしにThe Asylumのサイトを見たら、うはははは、まだまだやってるよ。ホント懲りない人達だ。

「MEGA SHARK VS CROCOSAURUS」



CROCOSAURUS(クロコザウルス?)って何よ?
ポスターのメガシャークは「ジョーズ3」みたいに傷跡が目立つから死んでなかったってこと?


も一つ気になるのは、どうやら社内ではメガシャーク 2 と位置づけてるもよう。
2 って、シリーズ化するつもりか!?
キングコングやヘドロの怪獣や宇宙人の作ったメカ・メガシャークと闘うつもりか!?

(≧ω≦)ふはははは…

付き合いきれませんなぁ。
┐(-。-;)┌



え?えぇっ?

緊急用医療ホログラムやん!?
ドクターってばこんなところで何やってんの!?
キャストを見てビックリ。

私は「スター・トレック ボイジャー」が好きなんだけど、緊急用医療ホログラム(EMS)=ドクター=ロバート・ピカードさんがクレジットされてるのを見て、思わず固まってしまった。

久しぶりにお顔を拝見したと思ったら、こんなところで…





そんなこんなで、巨大生物ファンやS.T. VOYのファンはリリース(されるかなぁ?)を待つのも一興かも。
posted by mdu at 13:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月09日

「セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド」(2008 スペイン)

わはははは
(^〇^)

やっぱりスペインはイイわ。活きがイイ。
サグラダ・ファミリアは伊達じゃない。
ちょっと油断したらこんなの作るもの。

輸入版で観て気に入ってたスペイン映画が、やっとリリース。

それはこの映画(^_^)b



「セクシー・キラー リベンジ・オブ・ザ・デッド SEXYKILLER, MORIRAS POR ELLA(原題) SEXY KILLER: YOU'LL DIE FOR HER(英題)」(2008 スペイン)

監督:ミゲル・マルティ
出演:マカレナ・ゴメス セサール・カミーノ



「どんな話?」

医療系の学校に通うバルバラは殺人が大好きな女学生。その”キャンパスキラー”が、誤解からある男子学生と恋に落ちる。密かに脳波を読み取る研究を続けていた彼は、警察から検死を任されたのを機会に被害者たちに施術。読み取りは失敗するが、なんと死者が蘇ってしまう。果たして…


セクシーホラーコメディ。
女子大生(?)殺人鬼がゾンビと闘うアクションコメディだ。

「…オブ・ザ・デッド」だけどあくまで主役はセクシーキラー。

まんまセクシーなキラーが歌って踊ってゾンビと一緒に大爆発な盛り沢山な内容なので、バランスもへったくれもあったもんじゃないのに、とにかくテンポが良くてあれよあれよとお話が突っ走るので飽きる暇なくラストまで楽しめる。

バカ映画ファンは必見!

もちろん普通の人も力ワザが気にならなければ観て損はないと思う。
興味のある人はぜひ。
(^_^)b



「殺人鬼が女性を襲うありきたりな映画じゃないのよ。だって私が殺人鬼だもの」
わはは、カメラ目線で言うな!
(^〇^)

色っぽい下着姿のおネエさんが集う更衣室。そこへスクリームの殺人鬼マスクを被ったいかにもなヤツが登場するから、全くもって無粋。目の極楽の邪魔。
当然逃げ惑うお姉さんたち!

ってそんな映画なの?
(^_^;)

セクシーキラーはどうなってんねん!?
(-_-;)

慌てない慌てない、ご安心を。

スクリーム野郎の前に躍り出る美女が一人。蹴り一閃!
ナイフの煌めきも眩しく、あっと言う間に変態野郎は血祭りだ。

そいつがただのイタズラ目的の変態なのか、はたまた殺人鬼なのか分からないまま、とにかく首と胴体は泣き別れ。憐れあの世行き。

もちろん彼女がキャンパスキラーのバルバラ。華奢な体で華麗な殺人技を披露してくれる。



そして、愛犬のジェイソン(わはは)を連れてお散歩と洒落こむところがなんと、ジェイソンはすかした野郎の車に轢かれてしまう。
(゜ロ゜)

怒り心頭のバルバラ。そいつの手のひらをナイフでグサッ!ボンネットに釘付け状態のまま、過去の殺人を回想したりする趣向だ。



「スクリーム」「タイタニック」「羊たちの沈黙」過去の名作を使ったくすぐりはたいしたことないけれど、バルカン・サリュートにはビックリ。
Ψ(゜o゜)Ψ

冷蔵庫の生首が恨めしそうなのは予告編にもあったので予想通りなんだけど、ゾンビ=彼氏が蘇らせた死者なので、まあ便宜上ゾンビと呼ぶ、その便宜上ゾンビとセクシーキラー=バルバラがなぜ大乱闘?彼女は殺人鬼なんだから便宜上のゾンビは被害者か?



「脳波読み取り機」なんてSFチックな小道具もそれらしく、そんなこんなでとにかくごった煮寄せ鍋ジャンバラヤ状態なんだけど、すこぶるテンポがイイのとちょっと普通と違う展開が気になってラストまで楽しめる観てしまう。

同じコメディホラーでもアメリカの下品さやイギリスのブラックさ、フランスのシニカルさ、今までのスペインのような土俗的な感じともちょっと違う、スピーディーで何となく変なバカホラーを観たい人はぜひ。

オススメです。
(^o^)v



オススメできる:バカ映画ファン、強い女性にアレコレされたい人
オススメしない:怖い映画を観たい人




「セクシーキラー」だけど、アメリカ風のボンキュッボンじゃなくスレンダーなのでごめんなさい。
m(_ _)m

その上サービスシーンは全く全然これっぽっちもないので、それもごめんなさい。
m(_ _)m
posted by mdu at 23:26| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。