2016年07月08日

「イット・フォローズ IT FOLLOWS」(2014 米)

it follows.jpg


SEXで感染!?


しかも他人に染すことができる!?


ゆっくり歩いてくる!?


絶対に死ぬ!?


バカホラーか?期待していいのか!?

(o ̄▽ ̄o)



とにかく観ました。

それはこの映画(^_^)b



「イット・フォローズ IT FOLLOWS」(2014 米)


R15+



『“それ”は ずっとずっと憑いてくる』


監督・制作・脚本: デヴィッド・ロバート・ミッチェル


出演:マイカ・モンロー キーア・ギルクリスト ダニエル・ゾヴァット ジェイク・ウィアリー



「どんな話?」


SEXの後ボーイフレンドのヒューに気を失わされ拘束された状態で目覚めたジェイが彼から聞かされた話は、どこにいても「それ」が歩いて迫ってくる。捕まれば死ぬ。誰かとSEXすれば相手に渡せる。という信じられないものだった。そして2人の前に「それ」が現れた…



超自然的青春お悩み映画


監督曰く「自分の悪夢」をアイデア一発映像化。正体不明の「それ」につきまとわれ襲われる怖さはホラー風味だけど、全体のストーリーは若気の至りやお悩み相談を描いた不条理劇だ。


「それ」の風貌が怖いし見せ方が上手いので、怖いのが苦手な人は要注意。ドンパチはあるけれど派手なシーンはほとんどないし、何より説明放棄のオチ無し話なので、シチュエーションを自分なりに感じ取れる人じゃないと楽しめない。


アメリカで長く生活したキリスト教徒でないと理解不能な、いわゆる「フォレスト・ガンプ」映画だった。

(´ε`)




ルール1・それはひとにうつすことができる


ルール2・それはゆっくりと歩いてくる


ルール3・それに捕まったら必ず死ぬ


「ひとに染す」んじゃなくて「渡す」「バトンタッチする」が近いかな。



郊外の住宅地。一戸の敷地が広い広い。夜、そんな一軒の家から飛び出した下着姿の女子が父親に謝りながら車で走り去り、翌朝砂浜で無残な死体となっているオープニング。


で、またもや郊外の住宅地。一戸の敷地が広い広い。表の芝生はもちろん、裏庭も広々しててでかいプールを置いている。


ちょっと可愛い長姉のジェイは水着姿を隣家のガキどもに覗かれながら、次女三女ともそこそこの仲の良さで幼馴染のイモ兄ちゃんもみんな一緒に古いZ級SF映画を観る関係。

絵に描いたようなアッパーミドルの子供たちは、そこそこ裕福そこそこ幸せそうだ。


ボーイフレンドのヒューはデート中にちょっと挙動不審な時もあったけど、彼の求めに応じて車でSEXしてしまう。

事後まったりしていると、急に襲いかかったヒューに薬(?)を嗅がされ、気がつくと車いすに縛られ廃墟に放置。見回りから戻ったヒューは


「さっき車でキミに染した」


「追い付かれると死ぬ」


「愛する人の姿に化けることもある」


「キミが死ぬと僕のところに戻って来るから死ぬな」


と言いつつ、歩いてくる人影を彼女に見せると慌てて連れて逃げ出す。



「それ」が現れ、ようやく何かをバトンタッチされたことを理解したジェイ。

SEXして誰かに渡すのか?その誰かが殺され「それ」が戻ってきたらまたSEXして渡すのか?


う〜む(-ω-;)


もしブサメンに渡しちゃったら次に渡せなくてすぐに殺されてあっという間に戻ってくるかも知れないしきっと戻って来るすぐ来る今来るただちに来るならちゃんと次に渡せそうな男を選ばなくちゃいやどっちかと言うと「貞操観念、何それ?」なSEXヒャッハーピープルの方が次々渡せてイイか知らん?


性感染症なんかとどっこいの扱いだったものがそこそこ真面目、そこそこ保守的なグループに伝わったのが悲劇の始まりなのか?でも下半身に人格は無いからなぁ。


知らない内に染ってて気付かないまま染して染された方も気付かずまたすぐ染してたとえ知っていてもSEXの最中には襲ってこないみたいだから生き延びるためにSEXしまくりだぜ

Ψ(`▽´)Ψ

なんてことだと「それ」も大忙しで今誰を追いかけるべきか訳が分らなくなってハッピーエンド!?もしくは面倒になって大 殺 戮! 


叱られるかも知れない方向に膨らませてないところをみると、超自然的で不思議な話だけどホラーじゃない。


そもそも嫌な状況を映像化しただけで、ドラマ化してはいないので説明がない理由がないオチがないのはあたりまえ。


説明、解説、オチ、結末を求める観客が多くなった日本では流行らないだろうなぁ。

(´-ω-`)


ドストエフスキーに時間を割いているところをみると「死」そのものを描きたかったのかも知れない。


この作品が支持されるなんて、やっぱりアメリカの根っこはキリスト教的で保守的なんだなぁと再認識した。



隣家のエロ小僧が活躍すると思ったのに…



おすすめできる○:下半身が緩い人

おすすめしない?:処女か童貞のホラーファン


続きを読む
posted by mdu at 17:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画-感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする