2016年07月27日

「スガラムルディの魔女 Las brujas de Zugarramurdi 英題 Witching and Bitching」(2013 米)

スガラムルディ.jpg





「ポケモンGO」大流行りの今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

いきなりパクリパチもんにせものアプリが50種類近く登場しているし、暗くなってからルアーモジュールに釣られてのこのこ近づくと強盗が待ち構えてたりするのでご注意を。
m(_ _)m


それにしても中国はスゴいと言うか首尾一貫してると言うか、予想通りパクリアプリが登場して普通に流通してしまう。さすが「iPhone」の商標登録を、中国導入前に使っていたしょうもないカバン屋に認めて本家appleの訴えを退ける国だわ。
(`ε´)


商標と言えば「宅急便」はヤマト運輸、ヤマトホールディングスの登録商標。だけど書籍や音楽アルバム、映画の題号(タイトル)は商標登録になじまないとされているので「魔女の宅急便」は原作の児童書もジブリアニメも使用OK。


ってことでやっとたどりついた「魔女」。
しかも私の好きなイグレシア作品を紹介。


それはこの映画(^-^)b


「スガラムルディの魔女 Las brujas de Zugarramurdi
英題 Witching and Bitching」(2013 米)

R15+

『このおとぎ話、
予測不可能。
子連れ強盗と人喰い魔女が繰り広げる
大脱出ジェットコースタームービー! 』

なるほど〜、Witch(ウィッチ):魔女とBitch(ビッチ):嫌な女は1文字違いだったのね。
(^_^;)


監督・脚本:アレックス・デ・ラ・イグレシア

出演:ウーゴ・シルバ マリオ・カサス カルメン・マウラ カロリーナ・バング マカレナ・ゴメス



「どんな話?」

白昼、観光客でにぎわう広場の質屋に押し入った強盗グループは警察に発見され銃撃戦になってしまう。ハイジャックしたタクシーで激しいカーチェイスの末、奪った大量の指輪を持ってフランスに向かうが、警察から逃れるうちに国境近くのスガラムルディ村にたどり着く。そこは魔女伝説の残る怪しげな村だった。そして…


ホラー風味のコメディ。
かなり人が死ぬしグロいシーンもちょこっとあるのでR15かな?

女性が山ほど出てくるけれど男性を馬鹿にして男性を餌食にする魔女なので残念ながらエロいシーンはほとんど無いよ。
( ̄ー ̄)

次から次に事件が起こるしたまに斜め上に展開、しかも途中転調するイグレシア監督お得意の「風が吹けば桶屋が儲かる」方式の映画なので、ぼーっと観ているとおいてきぼりをくらって乗り切れないまま終わってしまう。
でも、自分で積極的に乗り込んでいけばジェットコースター気分でかなり楽しめる映画なので、興味のある方はぜひ!
(^o^)/

続きを読む
posted by mdu at 07:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする