「ジェニファーズ・ボディ」(2009 米USA)どくろバニーかわいい, ご意見・リンク・トラックバック お気軽にどうぞ(^o^)/おバカな映画じゃなく、"バカ" 力(ちから) のある映画をメインに紹介しています。例えばこんな映画たちです。第1回「バカ映画大賞」 第2回「バカ映画大賞」 第3回「バカ映画大賞」第4回「バカ映画大賞」お調子ものの本領を発揮してテンション高めの記事が多いので、割り引いて読んで下さいね。真に受けると、ツボを踏むかも。(^_^;)" />

2010年07月31日

映画(かちんこ)「ジェニファーズ・ボディ」(2009 米USA)どくろバニーかわいい



「決定力に欠ける」「パンチがない」「中途半端」「ホラーじゃない」

本国のさんざんな前評判にビクビクしながら観ました。
(^_^;)


それはこの映画(^-^)b


「ジェニファーズ・ボディ JENNIFER'S BODY」(2009 米)

PG-12

『彼女の美しさには秘密がある』

監督:カリン・クサマ
制作総指揮・脚本:ディアブロ・コディ
出演:ミーガン・フォックス アマンダ・セイフリード


「どんな話?」

田舎町の高校に通うジェニファーとニーディは幼馴染の友人。内気でさえないニーディに対して派手なジェニファーは全校生徒の注目の的だった。ある日、バンドのライブに出かけた2人だったが、ニーディの心配をよそにジェニファーがバンドに誘われてついて行ってしまう。彼女は夜更けに帰ってきたものの、翌日から恐ろしい事件が起こり始めた。果たして…


青春学園ホラー。
全体的にはオカルトホラーだけど、軽いユーモアを交えた定番の学園ものガールズ・ムービー。

小悪魔が本物の悪魔になるお話だ。
(o ̄▽ ̄o)b

エロいミーガンさんと可愛いアマンダさんはそれぞれ見所もあるので、2人のファンは楽しめる。

でも、それ以外には何も特徴がなくてするする終わってしまい、ストーリーもシーンもカットもほとんど記憶に残らない。観てすぐに忘れてしまうタイプの映画。
内容的にはホラーファンにも学園ものファンにも物足りないんじゃなかろうか?
映像的に安っぽい部分はないし、全体的にこれといった欠点は見当たらないけれど、とにかく不完全燃焼。

「JUNO」の脚本家ディアブロさんの名前や女性監督によるホラーってことを期待すると、かなり肩すかしをくらうよ。

主役2人のファンならばどうぞ。もちろん自己責任で。
( ̄∀ ̄)b



「女性の女性による女性のためのサスペンス・スリラーやで、きっと。女性特有のネチっこさを強調したり、意地悪さや素直さ、イイ子ぶりや残酷さをデフォルメしたり、ひょっとしたらグっとくるものがあるかも。」
と思ってたら大ハズレ。
(-ω-;)

残念なことに、全部中途半端ものすごく中途半端。見え隠れするだけで伸びもしないから、惜しいとも言えないくらいだ。

「個性的だけど共感できる、嫌いだけど憎めない」
そんなキャラも出てこないし2人の微妙な関係も描写不足。



エロ担当のミーガンさんはハマリ役。
「トランスフォーマー」で「こんなエロい女子高生がおったら大変やで、女子大生になって一安心」と思ってたら、またまたエロい女子高生役。ちょっとエロ過ぎ。
ユーモア担当メガネっ娘のアマンダさんも実は可愛いってところを見せてくれるし、ちょっとしたサービスシーンもあるよ。
(o ̄▽ ̄o)


もちろん、2人ともズバリのカットはないので過剰な期待は禁物。

でも2人のキスシーン見所かな?
(//▽//)



程度の差はあれ主役の2人は設定通りなのに、それを生かせない脚本と演出はこれ如何に。

あれこれ迷ったあげくとにかく完成だけはさせました。では寂し過ぎるし、ホラーやスリラーが苦手なら風味程度にすれば良かったのに。
(´ε`)



全体的には

「ろくでなしの友人とは早く縁を切りましょう」

そんな教訓を残したいのかなと思える映画だった。



オススメできる○:ミーガンさんのファン、アマンダさんのファン
オススメしない×:ホラーファン



余談

ミーガンさんは「トランスフォーマー」のヒロイン役を降ろされたので次作から登場しない。
エロ過ぎたからか?
(`▽´)

posted by mdu at 18:34| Comment(0) | TrackBack(1) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176570831

この記事へのトラックバック

映画を観るなら ジェニファーズ・ボディ(2010)
Excerpt: ランスフォーマーで魅せたミーガン・フォックスのセクシー路線を増強させた映画と期待したけど、全然そんなことなかった。ストーリーは50文字程度で語れてしまうような内容のうえ、(まあこれは想定内)視聴者の大..
Weblog: 映画を観るなら
Tracked: 2011-01-07 21:55