「ザ・ホード ‐死霊の大群‐」(2009 仏フランス国旗)どくろどくろ車どくろどくろ, ご意見・リンク・トラックバック お気軽にどうぞ(^o^)/おバカな映画じゃなく、"バカ" 力(ちから) のある映画をメインに紹介しています。例えばこんな映画たちです。第1回「バカ映画大賞」 第2回「バカ映画大賞」 第3回「バカ映画大賞」第4回「バカ映画大賞」お調子ものの本領を発揮してテンション高めの記事が多いので、割り引いて読んで下さいね。真に受けると、ツボを踏むかも。(^_^;)" />

2010年07月26日

映画(かちんこ)「ザ・ホード ‐死霊の大群‐」(2009 仏フランス国旗)どくろどくろ車どくろどくろ



(´ε`)う〜む

「トワイライト」効果で世界的にヴァンパイアが流行りじゃないの?同じように単館で公開中の「ぼくのエリ」よりこっちの記事の方が多少なりとも目立つのはなぜ?

やっぱり、日本人ってゾンビが好きなのか知らん?何度も騙されて痛い目にあってるハズなんだけど、それでも観るって人の多さに毎度ビックリだ。

でも、時々当たりがあるからやめられない。そんな作品が公開中。

それはこの映画(^-^)b


「ザ・ホード -死霊の大群- LA HORDE」(2009 仏)

R-15

『ゾンビ史上、最強最多』

監督・脚本:ヤニック・ダアン バンジェマン・ロシェ
制作総指揮:ザヴィエ・ジャン
出演:クロード・ペロン アントワーヌ・オッペンハイム ジャン=ピエール・マルタンス

「どんな話?」

仲間を殺され復讐に燃える警官たちがギャングのアジトを襲撃するが、あえなく捕らえられてしまう。警官が処刑されようとしたその時なんとゾンビが乱入、何とか屋上に逃げ出した一同が見たものは…。



珍しいフレンチ・ゾンビ。


ノロノロとダッシュの中間、死人とアスリートの中間で普通の人間並みの動きをするゾンビもの。敵同士が外からの脅威に対抗して共闘する「要塞警察」(1976)や「スズメバチ」(2002)のシチュエーションをアレンジし、そこにゾンビを混ぜ込んだバイオレンス・アクション・ホラー映画だ。

ゾンビ発生緊急事態で仕方なく共闘することになった警官とギャングたちが、山ほどのゾンビたちに立ち向かうストーリーは、閉じ込められ型ゾンビものの定番で、発生に関する説明がなく。警察ものゾンビものどちらにしても全く目新しい所がないので、あまり気合を入れると肩透かしをくらうよ。


でも、とにかく大量のゾンビを見せようとする試みは嬉しい限りだし、機関銃なぎ倒しとかゾンビファンにもウケそうなシーンもあって最後まで楽しめる。
(^_^)

それに、自分たちが得意な暴力描写はそのままに、人間、ゾンビの区別なく扱うのは面白いと思った。
ストーリーは普通だけど観て損はないので、興味のある人はぜひ。
(^-^)b


舞台は郊外の団地。かなり古くてあまり住人がいないようなさびれた団地。


そこの一室をアジトにしているくらいなので、ショボいギャングなのかなと思うんだけどカモフラージュかも。ゴミ捨て場に転がった同僚の復讐に燃える警官たちは、特殊部隊顔負け装備で潜入。

緊迫感のあるオープニングだ。


なぜか色恋沙汰が出てきたりしていかにもフレンチなんだけど、それはわざと。
必要以上に真剣で痛い現代的なノワール風味はそのままに、いつしかゾンビが紛れ込んできて、突然バンッ!


特徴的なのは、とにかく殴る殴る蹴る蹴る蹴る投げるぶつける叩きのめす、ゾンビが可哀相になるくらいシバき上げること。人間だったら複雑骨折内臓破裂必至。さすがもゾンビもフラフラだ。
(o ̄▽ ̄o)


寄ってたかって押さえつけたゾンビを皆でいたぶるし、なにもそこまでしなくても。


てか、そんな効率の悪い疲れる攻撃をしてるから、案の定次々と…
(-ω-;)

ゾンビ発生理由は説明されず、無情感あふれるラストは他の正統ゾンビと同様だけど、大量のゾンビを出した証拠にエンドロールがゾンビ役者のクレジットで埋め尽くされるフレンチ風ユーモアもなんとなく嬉しい。



そんなこんなで新作ゾンビ映画では拾い物の本作、興味と機会のある人はぜひ。



オススメできる○:ゾンビファン、ホラーファン
オススメしない罰:旧態依然としたゾンビしか認めない人



余談

ここまできたらパルクール(Parkour、移動芸術、「YAMAKASI」(2001)や「アルティメット」(2004)、「007カジノロワイヤル」(2006)の序盤のチェイス)とゾンビのコラボなんかも観てみたいなぁ。
posted by mdu at 21:15| Comment(1) | TrackBack(0) | 未分類 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは月2(顔つき)

mduさんの記事を
読んでいたら、
ますます観たく
なっちゃいましたが
上映劇場の割マーク引デーが
平日の水曜である事
に加え、すぐ近くに
ある別劇場(これまた
水曜割マーク引デー雫(涙・汗))で映画(かちんこ)
『ゾンビランド』を
公開中という困った
状況です(^。^;)
Posted by 淫孤愚ニート at 2010年07月26日 21:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/176570833

この記事へのトラックバック