2011年01月26日

ラジー賞やらリメイクやら

ふぅ…

昨日1月25日、210名中199人の死亡を確認…生存者はたった11名。
23日に行軍を開始して3日でほぼ全滅、やっぱり雪山は怖いね寒さをなめちゃいかんよ、とはもちろん1902年(明治35年)青森歩兵第5連隊第2大隊が北八甲田連峰で行った雪中行軍演習での遭難、新田次郎さんの小説「八甲田山死の彷徨」や森谷司郎監督の映画「八甲田山」(1977)で皆さんご存知、八甲田山雪中行軍遭難事件のこと。

八甲田山.jpg


ってことで普通なら「八甲田山」の記事を書くべきなんだろうけど、まだまだ忙しくて再鑑賞する時間も書く時間もない!

「天は我々を見放した」か…

by神田大尉by北大路欣也



なので、とりあえず小ネタ行っときます。



まず24日に発表された、第31回ゴールデン・ラズベリー・アワード=ラジー賞のノミネートの話題。


大方の予想通り「エクリプス」「セックス・アンド・ザ・シティ2」「エアベンダー」の三つ巴。

eclipse.jpg
s_a_t_c 2.jpg
TheLastAirbender.jpg


3作とも

最低作品賞
最低監督賞

にノミネート。


「エクリプス」のパティソンさんとロートナーさんは2人とも最低主演男優賞
「セックス…」の4名様とクリステンさんは最低主演女優賞と最低助演女優賞

の両方にそれぞれノミネート。


「エアベンダー」は他に、今年の特別枠「3Dの使い方を間違った目に悪い作品賞」にもノミネート。


ますます投げやり感が強くなるノミネートが少々心配だけど、とにかく受賞発表は本家アカデミー賞の前日2/26の予定。

今年も昨年のサンドラ・ブロックさんのようなサプライズがあれば楽しいのに。


ところでラジー賞の主催者サイドによれば

「昨年のハリウッドは、ろくでもないリメイク、リブート、リ・イマジニング&パクリが大半だったので、"当たり年"だったらしい。」

うはは



で、

お次はまだまだ続くリメイクや続編の話題。


昨年2010年末時点ですけど、ファンタ系の主な作品の情報をご紹介しておきます。噂やデマも含む虚実ないまぜ(綯い交ぜ)になった状態ですので、ご注意を。


「The Thing」
カーペンター監督自らによる「遊星からの物体X」(1982)の前日譚。
2011年予定。


「Fright Night」
「フライトナイト」(1985)のリメイク。クレイグ・ギレスピー監督。アントン・イェルチンさん主演で"隣人"はコリン・ファースさん。
2011年予定。


「Battle Royale」
「バトル・ロワイヤル」(2000)のハリウッド・リメイク。キャストもスタッフも不明なので、2011年公開予定は疑問。


「Death Note」
「デスノート」(2006)のハリウッド・リメイク。こちらもキャストもスタッフも不明。脚本は完成との噂。
2011年予定は疑問。


「The Howling:Reborn」
「ハウリング」(1981)の再映画化。2010年公開予定だったが立ち消え?
2011年以後予定。


「Conan」
シュワ知事出世作(?)「コナン・ザ・グレート」(1982)のリメイク。撮影中。
2011年夏、3Dで公開予定。


「Creature From the Black Lagoon」
「大アマゾンの半漁人」(1954)のリメイク。
2011年予定?


「Fantastic Voyage」
「ミクロの決死圏」のリメイク。ローランド・エメリッヒ、ポール・グリーングラス、ルイ・レテリエ、名前はあがるけど未定。
よって公開も未定。


「The Day of the Triffids」
「人類SOS」(1962)のリメイク。サム・ライミさん監督・制作?
2012年予定。


「Mad Max:Fury Road」
ミラー監督自らによる「マッド・マックス」(1979)の続編。4とそれに続く5を同時に撮影しているもよう。メル・ギブソンさんは出ないシャリーズ・セロンさんが出る、らしい。
2011年と2012年に3Dで公開予定。


「Pet Sematary」
キングさん原作「ペット・セメタリー」(1989)のリメイク。
2012年予定


「The Birds」
ヒッチコック監督の傑作「鳥」(1963)のリメイク。ナオミ・ワッツさん主演。
コレにまで手を伸ばすとは、マイケル・ベイさん調子に乗り過ぎ。
2013年予定。3Dかも。


「Barbarella」
「バーバレラ」(1967)のリメイク。権利はドリュー・バリモアさんが取得していて企画は進行中。
リンジー・ローハンさんやローズ・マッゴーワンさんの名前があがっていたけれど今はアン・ハサウェイさんとの噂も。
2012年以後予定。


「Dredd」
兄貴の「ジャッジ・ドレッド」(1995)のリメイクではなく、コミックの再映画化。ピート・トラビス監督。武闘派ドクター、カール・アーバンさん主演。
2012年予定。



他に、企画はあるけど進行してるのかしてないのか不明なものは

「The Blob」(「絶対の危機」(1958))
「Poltergeist」(「ポルターガイスト」(1982))
「An Amerikan Werewolf in London」(「狼男アメリカン」(1981))
「Teen Wolf」(「ティーン・ウルフ」(1985))



どんな作品になるのか不安一杯ですけど、完成を待ちたいと思います。
色んな意味で楽しみ楽しみ。



余談

私の大好きな80年代ものが続々と生まれ変わるのは嬉しいような悲しいような、正直微妙な感じ。
それもこれも、やたらとホラーリメイクに力を入れているベイさんのせい。知り合いのブロガーさん曰く

「誰かマイケル・ベイを止めてくれ」

に激しく同意。

「鳥」は、やり過ぎやろ「鳥」は!!!

posted by mdu at 18:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画-よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。