2011年03月09日

今更ラジー賞(^_^;)

紹介記事はもうしばらくお待ち下され。
m(_ _)m



経営不振のMGMの売却に絡むゴタゴタで、007の23作目がSTOP。
ようやく資金の目処がついて制作続行のニュースが流れたのが、1年後の昨年暮れ。

悪役もケヴィン・スペイシーさんやハビエル・バルデムさん等魅力的な名前が上がっていたけどポシャったり流れたりどうなることやら。
もちろんクレイグ・ボンドで監督はサム・メンデスさん。一応、2012年の11月9日公開って発表されてるけど、不安だなぁ。
(-ω-;)


そんな「ボンド23(仮称)」の景気づけに、

残るブロスナン・ボンドの記事をば連続投稿じゃ!
007シリーズをコンプリートして「ボンド23(仮称)」を迎え撃つぞ!
o(`ω´*)o

って気合をいれて一気観したんだけど…


ともかく
無事に制作・公開されることを祈ります。
m(_ _)mさて
映画記事どころか、その他のネタも放ったらかしで結果報告をしてないことに気が付きました。
せめてラジー賞の結果だけでも。


三つ巴対決(作品賞)を制したのは

「エアベンダー」

エア.jpg

他に、監督賞、脚本賞も受賞。もちろん特別枠の「3Dの使い方を間違った目に悪い作品賞」も受賞。

「セックス・アンド・ザ・シティ2」は4名様が主演女優賞
期待した「エクリプス」は助演男優賞のみに終わりました。

個人的に作品賞ものだと思っていた「バーレスク」は残念ながら無冠。
(´ε`)


主演男優賞がアシュトン・カッチャーさん、助演女優賞がジェシカ・アルバさんなんて全然面白くないし、ノミネーションは結構盛り上がるのに結果は本家の発表に霞んでしまうこの賞らしいへっぽこな結果と言える。
(´-ω-`)



それより
もしラジー賞に大賞があるなら、総合ポイントで

m_n_s.jpg

M・ナイト・シャマランさん

「シックス・センス」以後、世間だけでなく自分も勘違いしたままの

M・ナイト・シャマラン.jpg

M・ナイト・シャマランさん
でしょう。多分文句なし。
(`▽´)
ラジー賞は「最低」と言うより「お金がかかっているのに期待と実際の差が大きい=ガッカリ賞」なので、そろそろ世間のハードルが下がってきたシャマランさんは縁がなくなってしまう。
その意味ではラスト・チャンスを活かした受賞はお見事と言えるかな。
(o ̄▽ ̄o)b
とは言うもののホントに続編を作るらしいから、本人と周りの勘違い度合いは筋金入りですね。
(^_^;)





押して下さると、調子にのります(o ̄▽ ̄o)v
にほんブログ村 映画ブログへ
posted by mdu at 20:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画-よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/189782824
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック