2011年04月20日

追悼 80'S「Space Adventure コブラ」(1982)

私にできるのはこれくらい。





【以下は2008年12月27日初出の記事を加筆修正したものです】





cobra.jpg

ぴゅんぴゅんいきます80年代(^o^)/



うちに父が昔買った漫画があるので時々読む

「サーキットの狼」「うる星やつら」「銀河鉄道999」等は全巻揃ってる。
(なぜ「パタリロ」もあるのだ)

そのなかで私のお気に入りは、以前記事にもした
「ジョジョの奇妙な冒険」

そして
「コブラ」
(「地獄の十字軍」まで、ジャンプコミックス全18巻)
と言えばこの映画(^_^)b



「Space Adventure コブラ」(1982)

監督:出崎統
原作:寺沢武一
声の出演:松崎しげる(コブラ) 榊原良子(レディ) 中村晃子(ジェーン) 藤田淑子(キャサリン) 風吹ジュン(ドミニク) 睦五郎(クリスタルボーイ)

『激射《サイコガン》!大銀河系を無敵のニューヒーローが走る!
アニメ史上初のドルビーステレオ!
驚異の《立体映像》で贈る壮大なスペース・アドベンチャー! 』


1977〜1984に週間少年ジャンプに連載された人気漫画の劇場版アニメ映画。
原作はその後も断続的に連載され、他誌に移ったりしながら現在も続いている。
1982〜1983にはTVアニメも放映されたので、ご存知の方も多いと思う。


「どんな話?」

相棒のアーマロイド「レディ」と共に宇宙狭しと飛び回る海賊「コブラ」。武器は左腕の「サイコガン」。自称正統派の海賊だ。辺境の惑星で3姉妹の一人と出会い手を貸すことになるが、それは海賊ギルドの陰謀に関わることだった。
ギルドの幹部「クリスタルボーイ」との因縁の対決が迫る!


まず原作漫画がとびきり面白い。
主人公以下登場人物が魅力的。左手が銃ですよ、銃
悪役もカッコいい。クリスタルボーイなんて最高
出てくる女性は全て大人。ボンッ!キュッ!ボンッ!のナイスバデー。しかも半裸

「当時こんなにアメコミチックな漫画は他になかった」らしい。

SFテイスト満載のスペースオペラ。
「センス・オブ・ワンダー」やね


映画のストーリーは、登場人物以外はほぼ劇場オリジナル版だ。

「もっと大人向けの設定・ストーリーで、TVアニメ放映後に公開すれば人気が出たかもしれない」らしい。

確かに少々中途半端。
子供は面白くないだろうし、大人には不満。
もったいない

キャラクターの魅力が生半可ではないので、いくらでも面白い話をつくれそう。
ぜひ誕生30年を記念してまた映画を作っていただきたい。





と、切望してましたが最早かなわなくなりました。
残念です。
タグ:追悼
posted by mdu at 01:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画-よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/196670164
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック