2011年07月28日

訃報 小松左京さん

作家の小松左京さんが26日、肺炎のためお亡くなりになりました。

享年80歳。


日本SFのバックボーンとも言うべき作家のお一人で、「日本アパッチ族」「神への長い道」「継ぐのは誰か?」「こちらニッポン…」等々、ハードでスペキュレイティブ、巧みなシミュレーションが特徴的で重厚な作品が大好きでした。


ご冥福をお祈りいたします。






とは言うものの自分のブログを振り返ってみると「80年代が好き!」と方言してたにも関わらず、ずっと以前(2006年12月)「復活の日」(1980)にちょろっと言及しただけで、映画化作品については「日本沈没」(1973、2006)も「エスパイ」(1974)も「さよならジュピター」(1984)も「首都消失」(1987)も記事にしていない…


小松さん、本当に申し訳ありませんでした。


安らかにお眠り下さい。
ラベル:訃報 小松左京
posted by mdu at 19:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。