2011年12月08日

「カウボーイ&エイリアン」(2011 米)

皆様、お久しぶりです。
m(_ _)m


あまりにもサボリ過ぎて、書き方を忘れて読み方を忘れて字を忘れて手が動かないキーボードを打てないブログの操作が分からない要するに書けない体になった書けません。
(T_T)


とにかく、タイトルやプロフに画を借用してたくらいなんだから何としても書かねばと思いつつ早1ヶ月。もう来年の足音が聞こえてきたぞ!と慌てた次第。

で、超〜久々に紹介するのはこの映画(^_^)b



「カウボーイ&エイリアン COWBOYS & ALIENS」(2011 米)

G

『人類の運命を握る記憶を失くした男
その正体 敵か味方か 』

2011/10/22 から絶賛上映中でした


監督:ジョン・ファブロー
制作:ロン・ハワード 他
制作総指揮:スティーブン・スピルバーグ 他
出演:ダニエル・クレイグ ハリソン・フォード オリヴィア・ワイルド サム・ロックウェル



「どんな話?」

19世紀のアメリカアリゾナ。荒野で目を覚ました男は記憶を失っていた。立ち寄った町でお尋ね者として逮捕された彼が護送されようとするその時、夜空に光る正体不明の飛行物体が飛来し町を破壊、人々を次々と連れ去っていく。すると彼の左腕に巻かれていた機械仕掛けの謎の腕輪が起動、なんと飛行物体を撃ち落した。果たして…


SF風味の西部劇。
西部開拓時代のアメリカでカウボーイたちがエイリアンと遭遇していたらってお話だ。
タイトル(原題)からしてバカな雰囲気が漂うけれど意外や意外、なんとも真面目なお話で演技や描写もかなりお堅いもの。ファブロー監督なんだからどこかで何かしらやってくれてるハズと思っていたら最後まで無かったのは、正直拍子抜け。
(-ω-;)

作り方はいたって普通で手抜きもないし画面は観やすいので、SFが苦手でなければ普通の西部劇として楽しめる。
でも、バカ映画ファンとしては…超残念な映画だった。
(-。-;)





カウボーイとエイリアン!?
しかもボンドとソロの共演!!!
しかもしかもコメディアンにして「ザ・スーラ」(2005)の監督…失礼、「アイアンマン」の運転手役の合間に監督だったファブローさんなんだから期待するなって方が無理。
d(`へ´*)


こりゃぁコルトやウィンチェスターでUFOをバンバン撃ち落すわ馬でエイリアンを追い立てるわ引きずりまわすわ妙にエロい女エイリアンとヒーローがデキてしまうわヒロインと三角関係どうするよ?はたまた超強力凶悪残忍なエイリアンで西部の町は壊滅状態人類皆殺しか!?と思ったら風邪ウイルスに弱かったのねん、てなストーリーは定番でも描写やセリフで楽しめる設定とスタッフやん、ウハウハウハ。
Ψ(`▽´)Ψ


ところがどっこいどっこい大作、豈図らんや姉三六角蛸錦、なんとなんと敵対と融和、勇気友情愛情を描いた普通の西部劇。例えるなら忠臣蔵の清水一角が実はサイボーグ、でも討ち入りは成功しましたって、ちょっと違和感があるけれど本筋は普通の時代劇と同じ思ってもらえば当たらずと言えども遠からず。

え?遠い?例えになってない?(^_^;)


ともかく、見所がエイリアンの目的だけなのは大変非常にものスゴく残念。
ファブロー監督、スピルバーグさんやハワードさんに遠慮したんだろうなぁ。
(´ε`)



センスオブワンダーは欠片も感じないのでSFじゃあない。宇宙人が出てくることさえ気にならなければ有名俳優が出ているSF風味の新作西部劇として鑑賞すればイイんじゃないかなぁ。
(^_^)


もう劇場では役に立たないかも知れないけれど、ソフトリリースの時のご参考にでもなれば幸いです。
m(_ _)m



おすすめできる:SF耐性を持った西部劇ファン
おすすめしない:バカ映画ファン
posted by mdu at 16:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画-感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。

以前auブログのほうで
やりとりさせて
いただいてた者です。

この映画、観ました。
ダラハイド演ずるハリソン氏
が主人公に「(エラの
ことは)もう諦めろ」
と言う場面に『インディ
3/最後の聖戦』で
ション・コネ氏演ずる父を
重ね合わせてしまい
少しぐっときました。

それと
お誕生日おめでとう
ございます。

Posted by 淫孤愚ニート at 2011年12月08日 19:12
〉淫孤愚ニートさん

真面目でオーソドックスな西部劇でした。

ただ、春のサッカーパンチといいこれといい、真面目すぎてバカ映画じゃなかったのが拍子抜けでした。
で、思わずプロフ画像をまだ見ぬ「ピラニア3DD」のヒロインにしてしまいました。
ボインボイン
( ̄∇ ̄)
Posted by at 2011年12月13日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。