2012年04月14日

ナチ フロム ダークサイド オブ ザ ムーン

昨日、13金のつどいを楽しまれた方に…
って、前回の13金からずいぶん日が過ぎてしまいました。
(*_*;


やんどころなき諸事情でなかなか記事をUPできませんでしたが、それにしても空き過ぎ置き過ぎ放置しスギ、スギの花粉で眼がしょぼしょぼ。

決して完全にやめた訳ではなくぼちぼちやっていきますので、これからもお付き合いの程よろしくお願いします。
m(_ _)m



さ〜て、「アイアン・スカイ」ですよ「Iron Sky」
d(`へ´)
ironsky_newlogo1_s.jpg

本国フィンランドで4日から公開されているナチものSF映画。

2006年の企画段階からネットにプロモーション映像をバンバン流して、一般の賛同者から寄付を募るって作戦が大成功。寄付総額は100万ユーロ超えとの噂。
そして見事今年1月に完成。

ナチものにも関わらずその勢いのままなんと!ベルリン映画祭で上映。
こんなにナチナチしたナチものをベルリンで!
w(°o°)w



第二次大戦末の1945年。南極の秘密基地(!)で開発された反重力装置(!)を使った円盤型航空機(UFO!)で月の裏側(!)に逃げ延びたナチの一団があった。そこに人工都市(!)を建設した彼らは反撃の機会をうかがっていた。そして2018年…

って、目を疑う耳を疑う思わず問い直さずにはいられないお話だ。
うはははは(≧∇≦)


映画祭関係者も、予告編にも出てくる国連の人たち同様大爆笑して快諾したに違いない。だって月面の道路をサイドカーが爆走してるんだもの人工都市がハーケンクロイツの形なんだもの宇宙船の母船がまんまツェッペリン型飛行船なんだものダークサイドにディセプティコンはいなかったけれど。
のほほほほ(o ̄▽ ̄o)


え!?わはははは、イイのか知らん。

迎え撃つアメリカ合衆国大統領は、なんとなんと元アラスカ州知事にして元副大統領候補。まだまだ大統領への野望は捨てていないともっぱらの噂のあのペイリンさんだ。サラ・ルイーズ・ペイリンさんそっくり。
わはははははは
(≧ω≦)



とにもかくにも、ナチもの戦争もの月ものが好きな人や戦争映画SF映画そしてバカ映画ファンの心をわし掴みすること間違いなしの骨太なB級映画の日本公開は9月。
現在公式サイト( http://www.ironsky.net/ )他で予告編、
YouTube( http://youtu.be/uX2cS8wvQHI?hd=1 )で冒頭4分間を観られますので、興味のある方はぜひ!
(^o^)/


おおっ!良く調べたら、あの名(迷)作「スターレック皇帝の侵略 Star Wreck/In the Pirkinning」(2005 フィンランド)の関係者だったのね。やっぱり北欧人恐るべし!
(^_^;)



「アイアン・スカイ Iron Sky」(2012 フィンランド、独、豪)

監督:ティモ・ヴォーレンソラ
出演:ジュリア・ディーツ ウド・キア ステファニー・ポール

2012年9月 日本公開予定

Iron-Sky-Movie-Poster-2012_s.jpg
posted by mdu at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画-よもやま | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/264482514
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック