2016年07月14日

「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 ODD THOMAS」(2013 米)

パーヴェル・チェコフ(スター・トレック 2009)、カイル・リース(ターミネーター4 2009)を演じた
アントン・イェルチンさんが本年6月19日事故でお亡くなりになりました。享年27歳。


ご冥福をお祈りいたします。



追悼の意をこめて。





オッド・トーマス.jpg


ディーン・R・クーンツさんが好きだ。


多少凸凹はあるものの読んで損する作品はないし、私がモダン・ホラーにはまるきっかけになった「ウォッチャーズ」なんか、泣けるし感動するし読後はしばらく魂がどこかにいってしまったくらいだ。

それなのに嗚呼それなのに。


映像化作品があると知って勇んで観てみたらなんたるちあサンタルチア!
ヽ(#`Д´)ノ
どこをどうすればあんなそんなこんな映画にできるのか小一時間ほど問い詰めたい代物になり果てててビックリ!別の所に魂が行ってしまった。

他にも、ウィスパーズ(1989 米) とか処刑ハンター(1990 米、TMV)とかスティグマ 邪神降臨(1991 米)とかハイダウェイ(1995 米)とか例外なく全てダメ映画のオンパレード。

デモン・シード  http://plaza.rakuten.co.jp/jlmdu/diary/200812240038/ 以外は時間を無駄に人生を損する作品ばかり。


ことほど左様にキング作品以上に映像化に恵まれないクーンツ作品が久々の映画化と聞いた時は正直あまり期待はしていなかった。

でも、スティーブン・ソマーズ監督!アントン・イェルチン主演!
製作費もそこそこ!
これはひょっとしたらと内心楽しみにしていたらなぜか噂をきかなくなっちゃった。


なにやら撮影中に制作側と出資側が金額のことで訴訟沙汰となり完成しているのに本国で公開不能になったらしい。
その後の結果は不明だけれど、費用の回収のためアメリカ以外の国で公開&DVDの販売を開始。日本ではDVD発売に箔をつけるためか2014年1月に東京と大阪の2ヶ所だけしかも1週間限定公開になってしまった。





それはこの映画(^-^)b



「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 ODD THOMAS」(2013 米)

G

監督・制作・脚本:スティーブン・ソマーズ

原作:ディーン・R・クーンツ

出演:アントン・イェルチン アディソン・ティムリン ウィレム・デフォー
「オッド・トーマス 死神と奇妙な救世主 ODD THOMAS」(2013 米)

G

監督・制作・脚本:スティーブン・ソマーズ

原作:ディーン・R・クーンツ

出演:アントン・イェルチン アディソン・ティムリン ウィレム・デフォー



「どんな話?」

一見平凡に見える青年オッドは、名前(ODD=奇妙な)通りの霊能力者で、死者の願い(恨み)を叶えるため犯罪の解決に一生懸命になる善良な人間だった。ある日勤め先のダイナーに一人の男が現れたことで、死者の大量発生を予測した彼は悲惨な事件を防ぐため奔走する。はたして…


ホラー風味のSF。現代が舞台のダークファンタジーだ。
ご存じの通りろくな作品の無いクーンツ原作ものだけど、これはイケる。

普通だけど普通じゃない主役にイェルチンさんがハマり役。キュートなアディソンさんや珍しく気持ち悪くないデフォーさんもイイ感じ。
伏線をばらまき過ぎてそれをまじめに回収しているのが結構慌ただしいけれど、活劇シーンやほのぼのデレデレシーンのバランスが良くテンポも悪くないので、普通に観ていればかなりドキドキジンジン楽しめる。原作同様のラストは嬉しい驚きだった。

超自然的な描写を観るとじんましんがでたり気絶する人以外にはおすすめできるので、奇妙な救世主がどんな活躍をするのか興味のある方はぜひ!
(^o^)/





いきなり血まみれの女の子が目の前に登場するのでびっくりするけれど、幽霊だから見えているのはオッドだけ。女の子のしぐさで分った犯人を追いかけ、後始末にやってきた警察署長のデフォーさんは意外にもオッドの理解者。可愛いい彼女も登場してオッドの日常が紹介されるって段取りだ。つかみはOK。


そう、こんな変わった彼なんだけど実はリア充。可愛い彼女と超ラブラブで、観ているこちらが照れるくらいだ。
(//▽//)
彼女も良い娘ですごくお似合い。


ところが、彼が働くダイナーに1人の男がたくさんのボダッハを引き連れて来るからさぁ大変。
ボダッハというのは人の「死」に引き寄せられる悪霊のようなもの。そいつが大量に現れたことで死人がたくさん出る事を予想したオッドは惨事を防ぐため奮闘する。


理解者が複数いるなんて珍しい設定なんだけど、予知能力者じゃないしかなり凶悪な設定なので彼の推理もなかなか当たらなくて二転三転。飽きることなくジンジンするラストまで楽しめる作品だった。


ん…?
うはははは
(≧∇≦)

おちゃめな片腕幽霊は「アナクスナム〜ン」の「イィ〜ムゥホテップ!」(「ハムナプトラ /失われた砂漠の都」)ことアーノルド・ヴォスルーさんではないですか〜。
顔見せだけ?



おすすめできる○:クーンツファン
おすすめしない×:(自分を)霊能力者(と思っている人)



<a href="http://movie.blogmura.com/" target="_blank">押して下さると、調子にのります(o ̄▽ ̄o)v
<img src="http://movie.blogmura.com/img/movie88_31_2.gif" width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 映画ブログへ" /></a>
<a href="http://blog.with2.net/link.php?823930"><img src="http://image.with2.net/img/banner/banner_11.gif" width="80" height="15" border="0" alt="人気ブログランキングへ"></a>
posted by mdu at 07:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画-感想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。